豆味噌カテゴリの記事一覧

矢場とんの人気の秘密は豆味噌にあり

「矢場とん」は昭和22年に名古屋で創業されています。かなり古くから営業しているんですね。

「矢場とん」は味噌カツで有名ですがそれというのも、そもそも「味噌かつ」なるものを考案したのが矢場とんの創業者らしいですので納得できますね。


名古屋は食の宝庫としても有名ですね。


名古屋の代表的な食べ物と言えば、みそかつ、きしめん、味噌煮込みうどん、ひつまぶし、豆腐味噌田楽、あんかけスパゲティ、台湾ラーメン、天むす、手羽先、鬼まんじゅう、小倉トースト、栗きんとん...など色々思いつきますが、


名古屋特有のものとして欠かせないのが豆味噌ですね。そうです。味噌カツを初め味噌を使った料理に使われているのが豆味噌なんですね。


名古屋と豆味噌は切っても切れない関係にあると言っていいぐらい特有の物ですね。


一般的に味噌と言えば「麦味噌」「米味噌」「麦と米のあわせ味噌」を私は想像しますが、名古屋に限っては違うんですね。


名古屋の味噌は「八丁味噌」「名古屋味噌」に代表されるように、成分のほとんどが大豆をベースに製造されているようです。

豆味噌が主体なのは名古屋に限らず東海地方(愛知・岐阜・三重)特有の食文化のようですが・・・。



豆味噌は見た目はいかにもどぎつい感じがしますよね。私は九州なので豆味噌はほとんど口にしたことはないのですが、名古屋出身の方に言わせれば、豆味噌は味噌の中でも味は一番いいとのことです。

何やら、「豆味噌」の売りは「旨味」だそうですので豆味噌が味噌の中では一番美味しいというのは本当かもしれませんね。

私の近所で名古屋味噌を使った料理を出す店が一軒だけあるのですが、こんど豆味噌の旨みを確かめにいかなくてはいけません。


矢場とんで有名な味噌カツですが言うまでもなく豆味噌ベースのみそだれをかけて食べるとんかつですね。

豆味噌のみそだれをつけて食べるとんかつ。ということで、矢場とんのみそだれを手に入れたいところですが矢場とんの味噌だれには防腐剤やアルコール等の保存料を一切使用していないようで通信販売はしておらず、手に入れることが出来ません。


一度本場の名古屋に行って矢場とんの味噌カツを食べたいものですが、この九州の地でもどうにかして豆味噌を手に入れて「矢場とん風とんかつ」を食べてみたくなりました。


一度はまると癖になりそうな名古屋の豆味噌食文化。機会を見つけて名古屋を訪れたいものです。

Powered by さくらのブログ