名古屋やばとんの模倣店、「韓国YABATON」騒動。

愛知・名古屋市の老舗有名みそかつ店「矢場とん」が、韓国にある模倣店に商標使用の差し止めを求めている問題で、この模倣店が9日、看板の一部を下ろした。

韓国YABATONの社長は「本意ではなく、悪い気持ちでやったわけではないのに、誤報が伝えられた」と話した。

問題となっている韓国・ソウルの店は、ブタのイメージキャラクターもそっくりなうえ、最近創業したはずなのに、矢場とんと同じ「1497年創業」という明らかなうそまでついていた。

さらに、店内で使われている紙ナプキンもそっくりだった。

鈴木社長は「(うちの物と)まるっきり一緒ですよ。字体も一緒ですよ」、「改善命令を無視しているようだったら、そのまま告訴に入ります」と話した。

ところが9日、韓国の問題の店の看板からブタのキャラクターが消え、「1947」の字も消えた。

━━━━━━━━━━━━━━

FNNニュースより引用。


矢場とんと同じ「1497年創業」としていて、堂々と店の看板で謳っている点や、

横綱ブタのイメージキャラクター『ブーちゃん』と、YABATONのロゴが全く同じなど、韓国やばとんは明らかに確信犯ですね。


いやー、それにしても笑えるぐらいそっくりな店構えですね。

この店構えでは、名古屋やばとんが韓国に進出して新店舗を開店させたと思う人もいるでしょう。

まして、『店内で使われている紙ナプキンもそっくりだった』というのでは、言い逃れのしようがありません。


本場の名古屋やばとんの抗議に対して、横綱ブタのイメージキャラクターと1497年の文字は消しましたが、依然として、YABATONのロゴは残されていましたね。

韓国YABATONの社長の「このまま『YABATON』を残すと、いい宣伝になると思う」という言葉が本音でしょう。


既に『韓国やばとん』の一号店は売却済みのようですが、今後の韓国やばとんの動きが注目されます。

多分、韓国やばとんとしては、引っ張れるだけ引っ張って、今回の事件を宣伝にし売り上げを上げようとたくらんでいる事と思いますので・・・

韓国やばとんの商標登録抹消がどれだけスムーズになされるかが鍵になりますね。


日本の「矢場とん」の一番の売りが『味噌カツ』ですが、何やら韓国やばとんでは、味噌カツのメニューが無いようです。

やばとんを謳っていて本場のやばとんの一押しメニューがない、韓国やばとん。

名古屋やばとんのメニューの内容までは真似できなかったということですね。

韓国やばとんのメニューがどんなものかわかりませんが、提供される食事、果たして美味しいのでしょうか・・・?

気になるところです。


ところで、名古屋のやばとんですが、今回の騒動がいい宣伝になったのではないでしょうか?

ひょっとしたら、韓国からの観光客が大勢訪れる事になるかも知れません。

それ以上に、日本各地から、やばとんの『味噌カツ』を食べるために訪れる人は多くなることでしょう。


やばとんは、名古屋だけではなく東京にも店を開いていますので、『東京店もありますよ』と宣伝したらより集客できますね。


いずれにしても今回のやばとん騒動。名古屋のやばとんには、『災い転じて福』となして欲しいものです。









Powered by さくらのブログ